携帯電波の種類は?

「携帯について調べると、よく…3GとかLTEだとか4G、5Gだとか聞くけど…携帯の電波の種類ってどのくらいあるの?」

 

って思ったことはありませんか?

 

今回の記事では、携帯で使っている電波の種類や違いなどについて紹介していきます。。


「3G、LTE、4G、5G」は、携帯電波の種類…ではない?

 

携帯(スマホ)の電波の話になると、「3G、LTE、4G、5G」って言葉よく出てきますよね。

 

ほとんどの人は、これを電波の種類そのものだと勘違いしちゃう人が多いんです。

 

まぁ、大きく捉えれば、電波の種類って言ってもいいんですけど、、

 

実は、「3G、LTE、4G、5G」とかって電波の種類…というより、携帯の通信システムのことを表しているんですよね。

 

いきなりこんなことを言われても、???ですよね。

 

3Gだとか、4Gだとかの「G」の意味は、generationの略なんです。

 

つまり3Gなら「第3世代のモバイル通信システム」で、4Gなら「第4世代のモバイル通信システム」って感じです。

 

最近では、5Gとかも聞きますよね。この「第5世代モバイル通信システム」は、LTEの10倍近い通信速度が可能になるなど言われています。(LTEは、4Gと同じように表記されたりしますが、実際には3.9Gという3Gと4Gの間の通信規格になります)

 

なので、多くの人が耳にしてきて、電波の種類だと思っていた「3G、LTE、4G、5G」というのは、通信システムのことだってことですね。

 

(でも「3G、LTE、4G、5G」とかも使っている電波が違うという意味では、電波の種類として表現してもいいとは思いますが。。)

じゃあ携帯(スマホ)電波の種類って何を意味してるの?

電波には性質が少し違う種類のようなものはあります。

 

携帯の電波の種類というのは、周波数というものになりますね。

 

帯域とかに関係しているのが、この周波数になります。

 

実は電波は誰でも自由気ままに使ってしまったら大変なことになるので、いろいろとルールがあるんです。

 

日本の場合、総務省によって電波の周波数割り当て、というものが行われています。

 

…ということは、携帯会社によって割り当てられている電波の種類も異なる…ということになります。

大手携帯会社の電波の種類って?

では、ソフトバンク、ドコモ、auでどのように違うのでしょうか?

 

それぞれ少し紹介していきましょう↓↓

 

今日本で電波を割り当てられている会社はいくつかありますが、、

 

現在携帯電話で使われている周波数帯域は、

 

700MHz、800MHz、900MHz、1.5GHz、1.7GHz、2.1GHz、3.5GHzという周波数帯域が使われていますね。

 

携帯会社の周波数帯域の割り当ては?

 

700MHz帯域:ドコモ、au、ソフトバンク

 

800MHz帯域:au、ドコモ

 

900MHz帯域:ソフトバンク

 

1.5GHz帯域:ドコモ、ソフトバンク、au

 

1.7GHz帯域:ドコモ、ソフトバンク、au、楽天

 

2.1GHz帯域:ドコモ、au、ソフトバンク

 

2.5GHz帯域:ソフトバンク、UQモバイル(WIMAX)

 

3.5GHz帯域:ドコモ、au、ソフトバンク

 

>>携帯電波の種類について詳しく知りたい方はこちら←

それぞれの周波数帯域の特徴って?

これは電波の特徴にもなってくるのですが、

 

簡単に言ってしまうと、

 

周波数帯域の数値が低い場合のメリット・デメリット

メリット:障害物などに強いので携帯電波が届きやすい。そして、電波が遠くまで届く。

 

なので、ちょっとここまで電波届くかな…といった屋内の深い場所でも携帯に電波が届くことが多くなります。

 

デメリット:速度が少し遅い。(って言っても、快適性を損なう遅さではありません。

 

周波数帯域の数値が高い場合のメリット・デメリット

メリット:通信速度が速い。

 

デメリット:低い周波数帯域よりは、障害物に弱いので(別に屋内に届かないというわけではない)屋内でも深い場所だと少し携帯に電波が届きにくい。

 

>>電波って周波数によって速度変わるの?

結局どんな周波数帯域を使っている携帯電話会社がおすすめなの?

 

これは、どれか特定の…というわけではなく、できるだけいろんな周波数帯域を使っている携帯電話会社が優秀…ということになり、おすすめです。

 

大手キャリアは、どこも幅広く対応した周波数帯域を持っています。

 

もともとは、ソフトバンクの電波が悪すぎ…と言われた時もありますが、それは「プラチナバンド」という建物の中でも繋がりやすい周波数帯域の電波を持っていなかったことが原因ですね。

 

「プラチナバンド」とは周波数帯域が1GHz未満の電波のことですね。

 

今では、ソフトバンクもこの「プラチナバンド」の周波数帯域の電波をもっているので、ドコモ、auと比較してもそこまで差があるわけではないでしょう。

 

とはいっても、それぞれの大手キャリアで通信対応エリアが微妙に違うのは事実です。

 

しっかり、この周波数帯域なども見極めながら賢く携帯会社へ乗り換えしてみてください。。

 

>>ソフトバンクから乗り換えならどこ?

トップへ戻る