「違法な電波ってどんな電波?」

 

日本では電波法という電波を使う際の法律が定められています。

 

ですので、この電波法を違反した電波が違法電波…ということになるのですが、、

 

「どんな電波の使い方をすると違法になるの?」

 

ってことですよね。

 

今回の記事では、日本で違法になる電波について紹介していきます。


日本の「電波法」ってどんな電波を違法としているの?

 

現在、電波を使う…という行為には大きく分けて2種類あります。

 

それは、免許の必要な無線局と免許が必要のない無線局です。

 

電波を発信するための無線局というものは、あなたも持つことはできるのですが、、

 

それぞれの無線局の違いって?

 

簡単に言ってしまえば、電波の規模の差です。大手携帯会社、テレビ会社のような大規模な無線局を持つには免許が必要になりますが、小さな無線局であれば、特に免許は必要ありません。

 

小さな無線局の基準は?

 

もちろん、いろいろ細かな基準はあるのですが、簡単に言うと、“他の無線局を妨害しない程度の電波”です。

 

よく聞く、トランシーバーや家などで設置している無線WiFiやらあなたも持っている携帯電話なども免許はいりません。(携帯電話などはそこそこ長い距離の電波を発信しますが、これはできるだけ混信しないよう携帯会社側で周波数などの制御が行われているので大丈夫です)

 

じゃあ自分で勝手に無線局を作ってもいいの?

 

いいえダメです。というのも、現在、日本で電波を使う場合、総務省の許可が必要になります。電波を使った製品などを作る場合、電波法に違反しないよう、しっかりとした基準で定められた「技適マーク」が付ける必要があります。

 

なので、この技適マークがついていない無線機は電波法を違反している無線機ということになりますね。

 

もしあなたが電波を使った製品などを作るならば、日本の総務省に許可を取る必要があるということです。

 

大きな無線局などを設置する場合は、電波についての免許なども必要になります。(あなたがいつも使っている携帯電話などの小さな電波は特に免許などはいりません。免許が必要になるのは、携帯会社など大きな地域に向けて影響がある電波を発信する場合です。)

 

【電波法】妨害電波はもちろん違法!日々取り締まりは厳しくなっています。。

 

妨害電波

 

これは、他人の通信を邪魔する電波ですが、こんなことを許したら電話もネット通信もできなくなっちゃいますよね。

 

電波というものは、誰でもどこでも使いたいだけ使うと乱れてしまうものなのです。

 

なので、山の上や高い建物の上に特別な機械を設置して、どこから妨害電波を出しているかを調査したりしています。

 

>>飛行機で携帯が禁止されている本当の理由は…

 

また、妨害してようがしてなかろうが、総務省に許可を取っていない電波の使用は電波法に違反しますので、違法電波ということになります。

 

免許が必要な大きな電波を扱う無線局に関しては、あなたもご存じ大手携帯会社(ソフトバンク、ドコモ、auなど)などの大きな無線局になります。

 

ああいった通信会社は、総務省と話し合って、使う電波を割り当てられているんです。

 

同じ周波数の電波を同じ地域で使ってしまうと、電波がごちゃごちゃになってしまって、うまく通信ができなくなります。

 

この状態を「混信」といいます。

 

そんな状態にならないためにも、総務省が“電波の周波数帯域の割り当て”ということを行っているんですね。

 

電波にも周波数によって、いろんな種類があるので、電波の取り合い…ではありますが、電波を勝手に使っていい…ということにはならないんですね。

もしあなたが電波を使って便利な商品を作りたい思うなら…

 

その場合は、やはり、日本の「電波法」のルールをしっかり守らねばなりません。

 

そうしないと、ただの法律を犯している違反者になってしまいます。

 

小さな無線局であれば、あなたも免許がなくても総務省に許可を取れば、電波を使った商品を作ることは可能です。

 

ですが、しっかりと他人の電波に迷惑を掛けないような電波で作らねばなりません。

 

目に見えないからこそ、しっかりとしたルールを決めて利用すれば、よりよい生活パワーの源になるのが電波ということです。

 

>>電磁波の種類って??

トップへ戻る