携帯電波があるのに繋がらない

 

あれ?携帯に電波があるのに、なんで繋がらないんだろう??

 

そう思ったことはありませんか?

 

実は、それには通信の仕組みが関係してる場合があるのです。

 

今回の記事では、携帯に電波があるのに繋がらない、悪い理由について紹介していきましょう。。


携帯の電波があるのに何で繋がらないの?遅い?

 

もしあなたの携帯に電波があるのに、通信しにくい…繋がらない…遅い…という状況があれば、それは確かに電波が届いてないわけではありません。

 

電波が悪いの?いいえ、電波があるなら電波が悪い…というわけではないでしょう。

 

じゃあなに?ってことですが、

 

それは通信の帯域…というものが関係してる可能性が高いです。。

 

通信の帯域ってなに?

 

電波には現実の道路に幅があるのと同じように、「回線の幅」のようなものが存在します。

 

その回線の幅…のことを帯域と呼びます。

 

????

 

例えば、現実の道路は1車線の道路に車がいっぱい通行すると、かなりの確率で渋滞が起こりますよね。

 

…こんな状況が回線の中でも起こることがあるのです。

 

つまり、同じ回線の中に1度に多くの人が通信を行うと、回線の渋滞が起こってしまうのです。

 

この回線の混雑を回線用語で輻輳と呼びます。

 

これは、お昼時や多くの人が通信を行う時間帯に起こることが多いですね。

 

もしあなたが電波があるのに、なかなか繋がらない…や、通信が繋がるのが遅い…と感じているなら、この回線の混雑が起こっている可能性があります。

携帯電波を改善する方法はないの?

 

これは、あなたがどうにかする…というのは、なかなか難しいでしょう。

 

というのも、先ほど言ったように、この回線の混雑は回線の幅である帯域が関係してる可能性があります。

 

ですので、もしあなたがこの回線の幅である、帯域を広げることができれば通信を快適に改善することは可能ですが、それはなかなか難しいと思います。

 

帯域ってどうやって決まってるの?

 

あなたが携帯やパソコンで使う帯域については、あなたが契約している通信会社によって決められていることがほとんどです。

 

契約してるプランであったり、携帯会社など通信を提供している会社側で制御しているのです。

 

もちろん、通信速度制限が掛かっている時は、この帯域は狭くなりますので、遅く感じたり、電波があるのに繋がりにくい…という状況になることがあるでしょう。

 

大手携帯会社と格安スマホ会社で通信速度の違いやネット通信のしやすさが違うのは、この通信帯域が原因だったりもするんですね。

 

格安スマホ会社って別に電波が繋がりにくいんじゃなく、この通信回線の幅…帯域が狭いから遅く感じたり、電波が悪く感じたりするんですね。

 

なので、常に快適の通信をしたければ、それなりにしっかりした帯域を提供している通信会社と契約すべきということです。。

 

>>携帯電波が悪くなる原因や改善方法って??

格安スマホ会社でもおすすめの電波はある?

 

実績のある格安スマホ会社はいくつかありますね。

 

それは、UQモバイルかワイモバイル(Yモバイル)です。

 

これら2つの格安スマホ会社は、通信速度面でも比較的…というより、通信面では、他の格安スマホ会社にかなり差をつけている印象です。

 

契約数のNo.1と言われているのは、楽天モバイルですが、大手携帯会社との使い心地があまり変わらず使っていきたいなら、UQモバイルかワイモバイル(Yモバイル)をおすすめします。

 

私の場合は、いくつか使った上で、今はUQモバイルを使っています。(乗り換えてみればわかりますが、本当に普通に速いんですよ)

 

まぁ、大手キャリア(ソフトバンク、ドコモ、au)に安定度ではもちろん勝てませんが、携帯料金の節約を考えている場合は、ぜひ格安スマホ会社へ乗り換えも検討してみてはいかがでしょうか。。

 

>>電波の速度は周波数によって変わる??

トップへ戻る